ブレイクスルー・メソッドとは

ブレイクスルー・メソッドとは

スピーチの指導、というと、これまで演劇のノウハウやアナウンス技術を応用したレッスン、などがほとんどでした。しかしBreakthrough Method™は違います。ニューヨークを拠点に約20年間にわたり、多くの企業のお手伝いをしてきた事業戦略コンサルタントが、異文化におけるビジネス実践型の視点で、グローバルに伝わるスピーチの指導にあたります。

あらゆる業界の企業に対し、マーケティング戦略コンサルティングを提供してきたからこそ培うことの出来た、「ビジネスで伝わるポイント」の極意、異文化ビジネスにおける組織開発ワークショップ展開の経験を生かした、異文化コミュニケーション理論を踏まえた「低コンテクスト文化の外国人への伝え方」、そして、強豪ぞろいのネイティブスピーカーたちを勝ち抜き、国際スピーチコンテストでの優勝経験を経て得た、「文化と言葉の壁を越えて聴衆を魅了するためのノウハウ」をみなさんも身につけてみませんか。(実は講師は、ほんの少し、演劇とアナウンスの経験もあるんですよ!)

グローバル・パブリックスピーキング習得の第一歩は、異文化理解です。異文化コミュニケーション学の分野では、アメリカは低コンテクスト文化、日本は高コンテクスト文化と言われています。異文化間の価値観の大きな違いから起こりうるコミュニケーションギャップの要因や、その解決方法を理解することで、高コンテクスト文化のわたしたちが、低コンテクスト文化の人々に向けて効果的にメッセージを伝える術を学習します。

第二に、構成スキル、スピーチのアイデア設計からシナリオを組み立て、冴えのある「言語メッセージ」を作り上げるスキルです。ニューヨークのブロードウェイでミュージカルを観るとしましょう。その時あなたが素晴らしいと感じるミュージカルはどんなものでしょうか。存在感のある役者はもちろん、序章から盛り上がる期待感、視覚を刺激する背景や小道具、笑いあり涙ありのストーリー、そして感動的なクライマックス、満足感のあるエンディング。

実はビジネスにおけるスピーチやプレゼンテーションも同じなのです。シンプルに研ぎすまされたスピーチの構成が、文化を超えて効果的にメッセージを伝え、聞き手を引き込み、心を動かし、気づきや変化を与えるかどうかを大きく左右します。異文化の違いを理解した上で、高コンテクスト文化のわたしたちでも実践可能な、低コンテクスト文化の人々の心に響くメッセージの構成スキルを習得します。

第三に、伝える力、スピーチの演出や実際のデリバリースキルです。ミュージカルで、もし役者が素のまま登場して台詞を言ったとしたらどうでしょう?悲しいシーンなのに笑い出しそうな表情だったら?じっくり聞いてほしい真剣な台詞を、うろうろと落ち着かない様子で話したら?どんなに素晴らしい言語メッセージも、伝え方ひとつ間違えると、メッセージが心に響かないどころか、聴衆の関心もすぐにどこかに行ってしまいます。計算された「非言語メッセージ」があってこそ、聴衆の心に刺さるデリバリーを実現できるのです。


GPSシート1枚にブレイクスルーの構成ノウハウが凝縮されています。
  • 「起承転結」を上回る、9段階構造モデルとは?
  • ドラマテリングを実現する9つのCとは?
  • 効果的にメッセージを焼き付ける、4Aとは?
  • 共感と説得を呼ぶストーリーの戦略設計、PARTSとは?
GPSサンプル

もっとブレイクスルー・メソッドを知る

【人前で話す恐怖を克服!】
【言葉と文化の壁を越えるソリューション】
【コーチングを受けてスピーチがガラリと変わりました!】
【スピーチはマーケティング戦略に似ている!】